孫育て検定協会 トップページへ

一般社団法人 孫育て検定協会

HOME > ご挨拶

ご挨拶

核家族化、出産後も仕事を続ける女性の増加、地域社会の希薄化などにより、日本の子育ては孤立化しています。

このような状況の中、社会全体で子育てを支援する重要性も見直されてきています。
子育てには、母親、父親はもちろん、祖父母、そして地域の方々のサポートが必要です。中でも、高齢者などの多世代が育児に積極的に関わり、社会全体で応援するための取組みが求められているようです。

そこで、団塊世代の定年退職後のライフスタイルにも、注目が集まっています。

団塊世代の活躍で、育児を通して多世代の交流が盛んになり、子どもたちが健やかに育つ社会をめざすこと。
そして定年後にも社会に関わるチャンスに恵まれることで、豊かな社会貢献につながる「孫育て」への認識を高めること。

これらの社会のニーズを鑑みて、世代間の子育てに関する知識を共有し、相互理解を深めるための事業として「孫育て検定®」を実施いたします。

組織化された事業としては全国初の試みです。
シニア・団塊世代の方による子育て、孫育て活動の可能性を広げ、その活動を支援するためのメソッドを盛り込み、今後は検定のみにとどまらず様々なコンテンツを提供してまいります。

孫育て検定、各地で開催中です。

孫育て検定の詳細はこちら孫育て検定の詳細はこちら

Facebook Page